誰にでも起こる可能性のある相続問題|トラブルの問題は弁護士が解決

ジャッジガベル

親が残した遺産を分ける

スーツ

遺産の分け方

親が亡くなった場合、その親が持っていた財産は子供が引き継ぐことになります。もう一方の親がまだ存命中の場合は、財産の半分を子供達で分け合うことになります。厳密に言うと、遺産分割に関する細かな決まりごとがたくさんありますが、相続人間の話し合いで遺産の分け方を自由に決めることができます。ただし、遺言書が残されていた場合は、その限りではありません。近年、相続トラブルの発生を回避するために、生きているうちに遺言書を作成しておく人が増えてきました。自筆証書遺言を作成する人が多いですが、法的要件を満たしていないという理由で、無効になってしまうケースが少なくありません。そのような事態を避けたいのであれば、弁護士などの専門家のサポートを受けて、法的に有効な遺言書を作成するようにした方がよいです。

弁護士を利用する

東京の地価は高いため、亡くなった親が住んでいた家の評価額が思いのほかに高くなるケースがよくあります。子供が1人しかいない場合はよいですが、子供が複数いる場合は、誰が家を相続するかで揉めてしまうことが多いです。全国各地で相続トラブルが発生していますが、東京は人口そのものが多いため、東京の相続トラブル発生件数は飛びぬけて高くなっています。東京に住んでいる人が相続トラブルに巻き込まれて困っている場合は、相続問題に強い弁護士に相談してみるのが一番です。実際に、特定の相続人が財産を独り占めしたり、遺言書を勝手に書き換えてしまったりするケースがしばしばあります。でも、弁護士に依頼すれば、裁判を起こして自分の相続分を取り返してもらうことができます。また、そこまでいかない場合でも、弁護士が介在することによって遺産分割をスムーズに進められるようになるため、多くの人が弁護士を利用しています。