誰にでも起こる可能性のある相続問題|トラブルの問題は弁護士が解決

ジャッジガベル

夫婦関係でお悩みの方へ

弁護人

現在の日本では晩婚化や非婚化が進んでいるといわれています。一方で、離婚件数は高止まり状態となっています。日本では離婚の形式については、裁判を経るようなケースはまれで、夫婦間の協議による協議離婚が大半を占める状況となっています。しかし、実際は一時の感情に任せて、慰謝料や養育費などの問題について夫婦でしっかり相談をせずに離婚してしまうケースが少なくないといわれています。そのため、後になってから慰謝料や養育費の不払いなどで悩むというケースも少なくないといわれています。こうした問題を避けるためには、事前に弁護士などの専門家に相談をしたうえで、きちんとした法手続きを踏んだうえで離婚をすることが重要になるといわれています。

弁護士への相談というと敷居が高いと感じる人も少なくないかもしれませんが、近年では弁護士数の増加などにより個人向けの離婚や、債務整理といった事案に力を入れる弁護士も増えてきています。また、自治体などが実施している無料の弁護士相談を利用するといった方法もあります。離婚問題は親しい友人であってもなかなか相談しづらい問題であるため、一人で悩んでしまう人が少なくないのが現実といえます。そうかといって、こうした法的な問題については一人で悩んでいるだけでは解決するわけではないので、勇気を出して早めに専門家に相談してみるのが一番よいでしょう。特に子供がいる場合は自分ひとりの問題ではなく子供の養育費の確保も絡んでくるため、一度は弁護士に相談だけでもしてみましょう。